カテゴリー
パソコン修理

iMac(G5 A1058) ハードディスク交換とデータ復旧

古いiMacがたちあがらなくなった、とお客様。中のデータも必要だし、どうしてもこの機種を使いたいとのこと。4年前にも1度診させてもらってるんですよね。そのときはロジックボードが手に入らないからという理由で、データ救出のみの対応。すいません、私の力不足で。

あれ?じゃあなんでまた同じ機種が??あのあと新しいMacに行かずまた中古で買い直されたんでしょうか。もしくはMac修理専門店で直してもらったか。謎は深まりますが、前のポンコツぶりのせいでそのへんお尋ねすることができず。やはり失敗しているとデカい顔できないですよ。

さて、今回はお客様のご要望に応えることができるのか!?

症状確認

百聞は一見にしかず。

電源を入れるとこんな感じでデスクトップまでいきません。なんとなくイメージ通りのエラー画面です。大体Macってこんなイメージ。

ハードディスクの修復と複製

どういう推理でハードディスクに手を付けたか、今となっては覚えがないんですが、きっと手の付け所がそこくらいしかなかったんだと思います。Windowsのエラーほど詳しくないし、データ優先でもあることだし、そう考えるとまずはハードディスクに行き当たるわけです。

iMacG5A1058の画像2

ネジ頭がいちいちトルクスドライバ。昔はこの時点で途方に暮れていたんでしょうね。今ではAmazonが翌日にトルクスドライバを持ってきてくれます。なんて世の中なんだ!

ハードディスクのクローンでデータは確保できたので、とりあえずディスク修復をやってみる。

iMacG5A1058の画像3

修復箇所133。おっ?これならイケるんじゃないの??と期待を胸にそのままたちあげてみましたが、結果はNG。うーん、ディレイ83が響いてるんだろうか。

OS Xインストール

その後、セーフモードやらディスクユーティリティやらをやってみたんでしょうけども、写真がMacOSのインストールに飛んでるということは、どれもきっとダメだったんでしょう。肝心のiMacのバラシ写真もなし。ハードディスクの交換難易度が知りたかったんだけど!という方、ごめんなさい。

iMacG5A1058の画像4

ディスク修復しているとはいえ、あのままのハードディスクを継続使用するのは有り得ないので、新しいハードディスクを用意しMacOSをインストールします。ディスク容量も大幅アップ。

iMacG5A1058の画像5

うん、いいんじゃないですか。うん。

データ移行

最後にクローンHDDからデータを移し替えてと。

iMacG5A1058の画像6

まぁ、なんとかまとまってくれたな、というとこで。今回はお役に立ててなによりでした。古いものを使うということは、やはりそれだけコストが掛かるもんですよね。いたしかゆし。

ご利用ありがとうございました。