カテゴリー
性能向上

DA770/GAB PC-DA770GAB SSD化作業

ハードディスクをSSDにしてもらいたい、というお客様。2回目ですね。以前にノートパソコンをSSDにさせてもらったのですが、そのせいでデスクトップの出番がめっきり減ったそうで。今回はそのデスクトップをSSD化します。こういうパターン、よくあるんです。

クローン

さッ、まずは今のパソコンの状態を丸々複製しまーす。クローンってやつですね。DA770/Gという機種は3TBのハードディスクなので、交換するSSDは当然それよりも容量が小さくなります(2021年現在3TBのSSDは超高い!)。大容量から小容量へのクローンは、誰が決めたかわかりませんが、暗黙の了解でソフトウェアクローンということになってるんですえ。

お預かりしたパソコンに、USBでSSDを外付けしてクローンソフトをポチっとな。でOK。

もっといえば、老舗で最大手のEaseUSさんか新進気鋭のAOMEIさんか迷うところでしょうが、最近のパソコン坊主はAOMEI一択です。そしてディスクブートかUSBブート。Windows上からはクローンしたくない派なのです。万が一のブート事故対策。

分解と交換

さて、クローンが滞りなく終わりましたら、ここでようやくディスク交換。

PC-DA770GAB-E3の画像2

背面の目に見える範囲のネジを外してしまえば、こんな感じでパパっとやっちゃいましょう。

PC-DA770GAB-E3の画像3

SSDの固定の仕方ですが、テープなりヒモなり結束バンドなり、好きなものを使ってくださいな。

セクタ修正

交換後は見違えるほどのスピードでパソコンがたちあがるようになります。ただ、仕上げが残っていることもたまにあってですね。ええ、この写真のように。

PC-DA770GAB-E3の画像4

AS SSD Benchmarkで調べて、BADが出ていたらAOMEIさんかEaseUSさんのパーティションソフトで4Kセクタ化します。

PC-DA770GAB-E3の画像5

こんな感じに。

何が違うんだよ?ってことなんですけどね、なんとなくです。するしないで大きな違いは正直ありません(あくまで個人の感想)。気持ちの問題でしょうね。BADのままなんて、気持ち悪いでしょう?

ご利用ありがとうございました。