VAIO VGN-NR50B ディスクスペースが不足しているというメッセージのあと起動しなくなった

パソコンが起動しなくなった。パソコンはどうなってもいいが、中の経理データはどうしてもなんとかしてもらいたい。

というご依頼。ちょうど確定申告どきでしたね、このとき。私も申告用の資料をまとめてましたから、お気持ちよく分かります。あれをイチからは・・・できないよなあ。

お預かりしたのは、Windows Vistaの頃のパソコンです。もう見るからに古いVAIO。2007年頃かな。

20190420_VGN-NR50B_01

状況確認

ネットでは結構簡単に直せるみたいなことがあったから自分でやろうと思われたそうですが、確定申告を前に中のデータのことを考えたらやはり怯んでしまったとのこと。

このへんの判断はね、なんとも言えません。

パソコン坊主は「自分でやって悪化させても知りませんよ!」なんてよく見かける脅し文句には反対の立場ですから。やれそうかな?と思われたら、是非チャレンジしてみてください派なんです。それでダメでも、納得して諦められるでしょ?ってね。最後は精神的なもんですから。何事も。まあ、このあたりはテレフォン人生相談でもお馴染みの加藤諦三先生の本でも読んでみてください。

さあて、簡単かどうかは置いておいて、とにかく託されたんですからきっちりとした仕事をお見せいたしましょう!

20190420_VGN-NR50B_02

スイッチオンでBOOTMGR is compressed

これが出るってことは、たしかにディスク容量のメッセージが出たんでしょうね。

20190420_VGN-NR50B_03

分解作業

なんで分解が必要なんだ!とイチャモンつけられそうですが、パソコン坊主はデータ最優先の場合分解するんです。データ最優先ってことはハードディスク最優先だからです。

20190420_VGN-NR50B_04

今も昔も、オシャレ優先のVAIOはハードディスクがめんどくさい。

20190420_VGN-NR50B_05

基板まで見える状態にしてようやくゲッチューです。

気になる状態は異常ナシ。こんだけ使い込んでるのに。逆にこういうハードディスクって安心できたりするんですよねえ。修理屋あるある。

20190420_VGN-NR50B_06

ブート修復してやれば直るってことが分かったので、あっお客様の言ってた簡単に直るってやつね、安心したところでクリーニングしときましょっか。

ハードディスクよりも排熱不足でマザーボードが壊れちゃいそうなんで。

だって排熱ファンのところがコレだもんね。

20190420_VGN-NR50B_07

キレイに水洗いすればこのとおり。

20190420_VGN-NR50B_08

起動修復作業

仕上げはブート修復。解決法はネットにいっぱいあがってますね。以下を参考にしてみてくださいな。

Red Rocket Blogger: Windows7 “bootmgr is compressed” 修復

めも windows7起動時に「bootmgr is compressed」がでた

20190420_VGN-NR50B_09

うまくいけばいつもの、Windowsを起動しています画面になって

20190420_VGN-NR50B_10

おっと。更新?まあこれもよくありますか。

20190420_VGN-NR50B_11

起動しておしまい!

とはならず、なぜかWindowsが海賊版認定されていたのでライセンスを通しておきます。

20190420_VGN-NR50B_12

Vistaマシンを7で使っている中古パソコンみたいな感じでしたけどもね、余計なソフト一切なしの弥生会計オンリーパソコンだったせいか、動きは軽快そのものでした。これならまだまだ使えそう。最初に、え?これ直すの!?みたいな反応しちゃってごめんなさいよ。。(笑)

20190420_VGN-NR50B_13

ご利用ありがとうございました。