【依頼】ウイルスセキュリティZEROの関連付けバグ

“指定されたファイルに対してこの操作を行うプログラムが関連付けられていません”
とメッセージが出て、アプリケーションが起ち上がらない

というご依頼をいただきました。さっそくお伺いします。


OSはWindows XP、セキュリティソフトはウイルスセキュリティZEROです。
私がお伺いした中では、結構な割合でこのウイルスセキュリティZEROを
導入されていたりします。

まずは症状の確認。確かにアプリケーションを起動しようとすると、
関連付けの確認メッセージが表示されます。
すんなりとアプリケーションが起動してくれません。

この手の症状は、ネット上ではかなり有名らしく、
セキュリティソフトがこんな悪質な症状を引き起こすことに
かなりの非難が飛び交っておりました(笑)
たしかに、ある程度の知識がなければ対処できない症状です。

どこのサイトもシステムの復元で対処しているようでしたが
できればシステムの復元は最後の手段にしておきたいので
ウイルスセキュリティZEROの販売会社であるSOURCENEXTの
サイトをチェックしてみます。
するとこんなのを発見。
http://sourcenext.force.com/faq50search/faq?id=VS-00687

実行すると、ウイルスセキュリティZEROが急に動き出しました。
自動アップデートが走り、再起動を促されましたので
一旦再起動します。起動後、一通りアプリケーションの
動作チェックをしていただき、問題がないことを確認。
作業完了となりました。

念のため関連記事をリンクしておきます。
http://blog.pc-helpdesk.jp/2008/06/post_47.html
『ウイルスによると思われるファイル関連付けの変更を許可するか、ブロックするか』
を尋ねられた場合は、不安でしょうが”許可する”をお選び下さい。