DELL Precision 390 ブルースクリーン0x0000007BでWindows2000が起動しない

Windows2000が起動しなくなった。使用ソフトの関係でどうしても修理してほしい。

というご相談。とりあえず持ってきてみてください、と返信すると後日ごっついのが送られてまいりました。。。クロネコヤマトパソコン宅急便。あれ、なんでも入るんですねぇ。

さすがお高いだけのことはある(笑)

届きましたのはこちらのごっついの。DELLのサーバー用デスクトップだそうです。

20191016_Precision390_01

状況確認

こういう場合は大抵ハードディスクなんですけどね、今回は意外にもブートエラーっぽい。要はWindowsさんがバカになっちゃったってこと。

20191016_Precision390_02

STOP:0x0000007B
INACCESSIBLE_BOOT_DEVICE

ブルーの青さが違う・・・懐かしい!

そんなことよりも、作業前には現状のクローンを取っておきましょう。作業前っていうか、電源を入れる前が正解。

20191016_Precision390_03

修復あれこれ

準備が整ったところで、なんやかんやしていきます。まずは定番のチェックディスク。動機はブルースクリーンでオススメされていたから。そんなもんです。これで直るなんて思っていません。大体の修理屋は。

20191016_Precision390_04

なんか修復したでー。と出ましたが、状況は変わらず。このとき、ついでにデータの確認をしておいたんですが・・・個人データがほとんどない。どーゆーことよ!?

まあ先に進むっきゃないか。お次はインストールディスクを使った修復処理。画面を眺めていると、何やら普通のインストール作業っぽいのが気になりますが・・・

20191016_Precision390_05

そういえばWindows2000が全盛期の頃は、100回以上インストール作業してたなあ、なんて感慨に耽っていました。昔はクローンとか復元とかが一般的じゃなかった気がするんですよね。だから何かトラブればソッコー初期化でした。ウイルスにかかれば初期化、消しちゃいけないもの消したら初期化、手に負えなくなったら初期化。あの頃はいろんなものに手を出してたから(笑)

てことを思っていたらほぼ上書きインストールみたいな修復作業が完了。結果は見事ブート成功です。起動できたよってこと。

20191016_Precision390_06

肝心のデスクトップにはなにもなし。マイドキュメントすっからかん。でもソフトは残骸が多少ある。てことは、やっぱり意図的に個人データがなくなっちゃってると推理。sam security system software defaultのうち、いくつかの日付がご依頼直前なのも大ヒントになって、そのへんをお客様に尋ねるとデータは吹っ飛んだということで確定しました。あぁ残念。。。

でもデータは諦められるけどもWindows2000は諦められん!ということで、使える状態にしてくれるだけでいい!とお客様。

アップデートに四苦八苦

アイアイサー!と今度は再インストールから始めます。いや、起動したんだからあのままでもよかったんでしょうけどもね、修復済みWindows2000は信用ならんってことで(笑)

イチから再インストールです。

20191016_Precision390_07

腕の見せ所のWindows Update。散々調べ尽くして泣きながらやったのは内緒です。

20191016_Precision390_08

ご利用ありがとうございました。