LIFEBOOK AH53/M FMVA53MB ノートパソコンの画面を閉じることができない

パソコンの画面と本体をつなげるところがおかしくて、ノートなんだけど畳んで持ち運ぶことができない。なんとか画面を閉じられるようにしてもらえないだろうか。

というご相談。あーヒンジっていうところでしょうねぇと私が言うと、そうなんだよ!とお客様。結構調べられちゃったみたいです。不格好でもよければなんとかなりそうですよ、とお伝えするとすぐにお持ちくださいました。

富士通のLIFEBOOKシリーズAH53/Mです。写真は修理後なのですでに閉じることができちゃってますが。。。(笑)

20190801_FMVA53MB_01

状況確認

とりあえず観察から。黒いガムテープが張り巡らされているのはノートパソコン右側です。

20190801_FMVA53MB_02

画面側と本体側にびっしり。

20190801_FMVA53MB_03

これで使えるようになっているのかというと、そうでもなくて。画面は閉じられないし、無理に力を入れると今にも液晶パネルが割れそうなほどしなるという具合。たしかにこれは放っておけないのも分かる。

分解作業

最初に「持ち歩かないなら画面開きっぱなしでもいいのでは?」と言ってしまったパソコン坊主でしたが・・・前言撤回ですね。これは十分修理する価値があります。

さあて、そうと決まればちゃちゃっとバラしましょう。

20190801_FMVA53MB_04

お目当てのヒンジ部分はというと・・・

20190801_FMVA53MB_05

あれ?しっかりネジで止まってる。大体はここがネジ穴のプラスチックごとぶっ壊れているのですが・・・まさか本体側じゃなくて画面側だった!?

と思ったらそのまさか。こっち側のネジがいかれるなんて初めて見たんですけど(笑)

20190801_FMVA53MB_06

ネジ止めごと外れちゃったら接着剤でもダメ。なにやってもダメ。

20190801_FMVA53MB_07

ヒンジ補修

そんなときには、ヒンジ修理の王道『ボルト留め』となるわけですねー。

20190801_FMVA53MB_08

見た目は不格好だけどボルトでしっかり留まっているので再発することがない。ってくらいの安定感なのです。

なにより材料がホームセンターで揃ってしまうところが良い!

20190801_FMVA53MB_09

今回はなんというか、修理屋らしいご依頼だったと思います。みんなが思い描くようなパソコン修理とでも言いますか。でも現実は随分と違いますけどもね。パソコン開いて中をいじくりまわしてっていうのは、実は少数派だったりするのです。

ご利用ありがとうございました。