SDカードのデータ復元~広島市安佐南区毘沙門台東

SDカードを読み込まなくなった。なんとかしてほしい

というご依頼をいただきました。
プリンタに挿して印刷しようにも読み込めなくなっていて、パソコンで中身を確認しようとしても「フォーマットしますか?」と表示されるとのこと。

カード自体は認識されているようなので、うまくいけばデータの取り出しが可能です。しかし、ここは念のため「復元できるかどうかはやってみなければわかりません」と予めご了承いただいてからのご訪問となりました。

このご依頼は写真を撮り忘れたので記事にしないつもりでしたが、ここ最近SDカードのご依頼が増えてきたので、作業の雰囲気を知ってもらえればと思い記事にしてみました。

もちろん、このご依頼が嬉しかったのも大きな理由です。なんでもお客様は、前回のSDカード復元の記事をご覧になってご依頼くださったそうなのです。有難いことです。


では、まずは手持ちのカードリーダーにお客様のSDカードをセットして、作業用モバイルに挿します。ここでカードリーダーのアクセスランプが点灯することが大事ですね。ここで点灯しなかったり、アクセスランプが奇妙な点滅をしているとあぶないです。SDカードが物理障害かもしれません。

今回はバッチリ点灯。よかったです。そしてリムーバブルディスクとして表示されているカードリーダーにパソコン上からアクセスすると「フォーマットしますか?」と表示されます。プロパティを見ると、やはり容量0バイト。ここまでくると、結構な確率で復元はできます。目的のデータが復元できるかは別として。

さて、ここからはコンピュータに頑張ってもらいます。取りこぼしのないように、複数の復元ツールでSDカードを読み込んでいきます。ツールを回している間は1時間経たないくらいでしょうか。その間はお客様と雑談したり、お客様宅にあるデスクトップPCの動作がおかしいところを改善させてもらったりと、そんなに暇はしないですね(笑) もちろん、簡単な動作改善ですから余分に料金をご請求するなんてこともございません!

復元作業も終わり、モバイル上に復元された写真データをお客様にご確認いただくのですが、私のモバイルはなんせ画面が小さすぎますので、一旦お客様のデスクトップPCに復元したデータを移すことに。これが結構バタバタしました。。(笑)

USBで移し変えようとすると、データが大きかったために移動に残り60分。う~ん・・・これはまずい。お客様にルータの場所をお尋ねして、そこまで移動。なんと1階から3階へ。。(笑) モバイルをルータに有線し、復元データをお客様のデスクトップPCへ転送。すると残り10分。ふぅ~!やっぱこっちのほうが速い速い。

転送完了後、やっとこさお客様に復元データを確認してもらいます。ここが一番大事なところですね。お目当てのデータがなければ復元の意味がないですからね。ちなみに復元ツールは、余計なデータまでとにかく目一杯拾ってきますから、復元後は十分な確認が必要です。一覧表示されている写真をざーっとご確認いただいていると・・・

これで大丈夫だと思います!

とOKサインをいただきました。大丈夫だと思う、というのは実はお子様の写真データなので、実際のところはお子様でないと確実なことはわからないとのことだそうです。お客様には「おそらく大丈夫です」とお言葉を頂戴しましたが、ちょっと後ろ髪を引かれながらの作業完了となりました。

その日の晩。もちろんまだモヤモヤしたままでした。。いつものようにメールを確認してみると、お客様からメール届いてます。これはまさかぁ・・・やっぱダメだったのかなぁ・・・? なんて思いながら恐る恐る本文に目を落としてみると、

「ちゃんと欲しい写真が復元できていた」

とのご連絡! いやっほー! この瞬間がいつも嬉しいです。写真を撮ったあの瞬間あの表情あの感情は、もう2度とありませんからね。あの瞬間を取り戻せて、私も本当に嬉しいです。ありがとうございました。