VersaPro J VF-H パソコンに牛乳をこぼした 水没・浸水修理対応

確定申告の書類を作っている最中に牛乳をこぼしてしまい、パソコンがいうことをきかなくなった。なんとかしてもらえないだろうか。

というご相談。
なんとかなるかは診断次第です!といつもの決めゼリフを吐いてお預かりしたのがこちら。

20181224_PC-VJ24LFWZ1SRH_01

NECの法人向けノートパソコンVersaProシリーズです。法人向けを個人でお使いということはおそらく中古なんでしょうね。中古を簡単に買い替えられない理由は、もちろん中のデータが大事ってことです。

状況確認

水、お茶、ジュース、コーヒー、お酒、牛乳、水分であればなんでもそうですが、もういいかな?と1時間2時間そこらで電源を入れるのはご法度でして。

せめて、あなたが考えている時間に、プラス1週間が必要ってところでしょう。

それが待てない!となると、今回のように

20181224_PC-VJ24LFWZ1SRH_02

「おっ?ちゃんと動くじゃん」としばらく使っているうちに、次第に言うことをきかなくなってくるというわけです。

ちょっとこぼしただけなのに!とお客様はおっしゃってましたけども、やっぱりこのへんはどうしても控えめに言っちゃいますよねぇ。気持ち分かります。でも全然ちょびっとじゃないのはすぐに分かってしまうもんです。

もう少しで本当にお陀仏でしたよ!

20181224_PC-VJ24LFWZ1SRH_03

キーボードから伝って流れた跡までくっきりと。

20181224_PC-VJ24LFWZ1SRH_04

バラした結果、キーボードは全滅、メイン基板側にも多少の浸水ありということに。交換できるところは交換しちゃえばいいんすけどね、浸水部分だけは洗浄してキレイにしてやんないといけないのが、このトラブルの厄介なところなわけで。

洗浄拭き取り作業

無水エタノールを使った地味ーな洗浄作業が終われば、気が済むまで乾燥させたのち

洗浄後の動作確認。

これで確認が取れれば、ようやく交換部品を手配します。

キーボード交換作業

数日待って海の向こうからキーボードが届きさえすれば

あとはサクっと交換して修理完了です。

ご利用ありがとうございました。