Logitec LHD-PBF320CBE5 中身が見られなくなったポータブルハードディスクのデータ復旧

外付けハードディスクの中が見れなくなった。自分でも復元ソフトを使って復元を試みてはみたが、それほどうまく復元されなくて・・・

というご相談。
まぁだからと言って当店なら100%戻ってくるかと言われれば、そうではないわけで。このへんはやっぱりやらせてもらわないと何とも言えないんですよねぇ。

御見積り出すだけなら費用掛かりませんから、が決め手となりやらせていただけることに。後悔はさせませんよ!

お預かりしたのはロジテックさんのLHD-PBF320CBE5という機種。

20180228_LHD-PBF320CBE5_01

ちょっと古めのものですよねー。容量も320GBだし。デカくないことはいいことです。データ復旧屋にとっては(笑)

LHD-PBF320CBE5の分解

いや、もうほんと簡単。ネジ2本で留まってるだけですから、外してパカッで

20180228_LHD-PBF320CBE5_02

三枚おろし。

ハードディスクの状態はというと、作業用PCではちゃんと認識されるんですけどね、それなりのダメージ具合です。

見積る側の心境とは

ここまで診断してお客様に御見積りをご連絡しましたが、予算に合わないということで後日引取りにいらっしゃいました。

お客様の予算と当店の御見積りの差は数千円。

だったらそこまで割引けばお客様を逃がすことないのにーと思われるでしょうが、当店は基本御見積りは変えないんですよね。理由は、いつも誠実に見積もってるから。そこで値段下げられるんなら水増ししてるってことだし、いわゆる二重価格じゃんってことですよ。1度提示した金額があとからちょいちょい下がっていくなんて、そんなの信用ならんでしょ?って話。

ですから、それでお客様と合致しない場合は、縁がなかったものとして当店はソッコー諦めます。修理できるかどうかの見極めについては諦めが悪いんですけどね。

というわけで、御見積りをご連絡させてもらったあとは、お客様の判断でキャンセルとなりましたら遠慮なく「やめときます」とお返事ください。

この業界、二重価格三重価格みたいなのが蔓延ってますからねぇ。注意が必要です。

データ復旧ふたたび

時間を掛けてもらったのにすいませーん!と恐縮されてるお客様を見送り・・・はしましたが、さらに数日後、再度のご来店。わお!でもなんとなく予想はしてました。。。(笑)

なぜかというと、当店のデータ復旧費用って、どっちかっつーと安い部類なんですよねぇ!(アピール

2度も当店を選んでいただいたのですから、丁寧に作業をやらせてもった結果、膨大な音楽データと

20180228_LHD-PBF320CBE5_03

大事な思い出を

20180228_LHD-PBF320CBE5_04

ほぼすべて綺麗に復旧することができました。

ご利用ありがとうございました。