Dimension 5100C 電源ボタンがオレンジ色に点滅する~広島市中区橋本町

パソコンが起動しなくなった。うんともすんとも言わない。

というわけで、お預かりでのサポートです。
ものはDELL Dimension 5100C。2005年製のXPマシンです。

もしも高額修理となる場合は、ハードディスクのデータのみが欲しいということなので、最悪データ救出が着地点ということをお客様とすり合わせました。気持ちが楽になったところで、早速持ち帰って原因の切り分けから。

20120716_dimension_5100c_01


電源が入らない時点でメモリ、電源ユニット、マザーボードのどれかです。まずは簡単なメモリから。代替メモリと交換後スイッチオン、音沙汰ナシ。はいメモリ消えました。

次は電源ユニット。ATX用の電源を取り回し接続、電源を入れてみますがこれも反応がありません。電源ユニットも消えてしまいました。

20120716_dimension_5100c_02

消去法でマザーボードということでしょうね。もちろん初期の段階で、放電やボタン電池の交換は行っています。しかもマザーボードの外観はコンデンサ異常もない状態です。おそらくチップセットなんでしょう。まいったなぁ~と分解状態のPCを眺めていると・・・

電源ボタンのランプがオレンジ色に点滅している!

20120716_dimension_5100c_03
20120716_dimension_5100c_04

なんじゃこりゃ!?というわけでGoogleさんに訊いてみると、同じような症状が結構出てくるじゃないですか。どれも電源異常だったり、マザーボード故障が原因だというものばかり。DELL製品には良くあることなのか。。

念のため分解後のPCを元どおりにして電源コードを接続すると、やっぱり電源ボタンがオレンジ色に点滅します。通電しているだけなのに、不思議な現象ですね。

お客様には費用が高額になることから、データ救出で作業を進めることを了承いただき、外付けハードディスクケースを購入。取り出したハードディスクをケースに装着します。

20120716_dimension_5100c_05

しかし、そのままではアクセス権の問題で肝心のファイル・フォルダにアクセスできませんから、所有者とアクセス許可を変更します。作業後、お客様宅でハードディスクのデータに問題がないかをご確認いただき、作業完了となりました。

20120716_dimension_5100c_06