LIFEBOOK AH700/5A FMVA705ARG 「パソコンの内部や通風孔にほこりが詰まっている可能性があります」と頻繁に表示されてしまう CPUファン交換修理

パソコンのクリーニングってやってもらえますか?お手入れナビの画面がやたら出てきてしまって・・・

というご相談。
もしかしたら中の冷却ファンを交換しないと解決しないかもしれませんが、それも含めて判断しますから~どうたらこうたらとメールをお返ししたら、30分後にはお持ちくださいました。はやっ!

お預かりしたのは富士通のAH700/5Aです。

20170720_PT65468KBXR_01

なんとなーくですが、CPUファン関連って富士通ソニーが圧倒的に多いような気がする。ソフトいっぱい詰め込んで裏で好き勝手動いてるから、それでファンが多く回ってるんだろうなぁと想像するのですが・・・どうなのよそこんとこ!メーカーさん!

・・・東芝も多いかったそーいえば(笑)

AH700/5Aの分解

じゃあまずは症状の確認をして画面をバッチリ写真に収めて~といつもならいくんですけどね、肝心のエラー画面はお客様のスマホでバッチリ確認できたので、症状確認はほどほどに、ちゃちゃっと分解いっちゃいましょう。

この機種はキーボード上からです。

20170720_PT65468KBXR_02

キーボード上部をひっぺ返したら次はキーボード本体。キーボードケーブルもそうですが、その他ケーブル周りにも注意しながら進みます。

キーボード下のネジを全部外したあとは、パソコン自体をひっくり返して裏面のネジを全部外しますが、メモリのフタも取り外すことを忘れずに。

一気に駆け抜けると、こんな感じになります。

20170720_PT65468KBXR_03

なんでメモリのフタがポイントかというと、そこを外しておかないとマザーボードがひっくり返せないんですよね。フタのくせに生意気だぞ!

20170720_PT65468KBXR_04

分解の途中でどうしても液晶画面のある上半身と分離しちゃいますが、そこは躊躇なく切り離しましょう。愛と勇気と思いきりが肝心です。

ファンから音がしていたら大体ファン交換

お目当ての冷却ファンの型番はMCF-S6055AM05B、TOSHIBA製でした。

20170720_PT65468KBXR_05

ここで交換するか注油で済ますかですが、今回の場合は交換となりました。カラカラ音がしている場合は、注油じゃやっぱり改善しきらないですね。やる前から分かっていたことですが。

なのでサクっと交換。

全体的にホコリを取り除きながら組み上げていき、元通りになったところでスイッチオン。やったぜ!修理完了!

20170720_PT65468KBXR_06

のはずが・・・なんで!?
なぜかの注意表示。。。

充分に冷却できていない可能性があるっつってもさぁ

20170720_PT65468KBXR_07

内部温度も40度前後でノートパソコンとしては標準値のはずなんだけど・・・

CPUファンを交換して、音も静かになって、内部温度も異常ナシにも関わらず、お手入れナビの表示が変わってくれないなんて、さすがにこれはGoogle先生も分からない現象でしょうよ。

お客様はこの表示を気にされていたわけだし、いくら修理したって言ったって信じてもらえなかったらどうしよ。あー!最悪じゃん!ふざけんな富士通!!

でもパソコン坊主としては最善を尽くしてるし、そこんとこをお客様に熱く語りかけたら、きっとお客様だって理解してくれるはず・・・

そんなこんなで強気のおれと弱気の私が頭の中で押し問答(笑)

えぇ~!でもなんかスッキリしないよなぁ。あっ、お客様がそろそろ取りに来ちゃう、電源入れとこ

20170720_PT65468KBXR_08

で、なぜか冷却ファンは異常ナシに。なんでやねん。

あたしのあの慌てっぷりを返して!

20170720_PT65468KBXR_09

ご利用ありがとうございました。