ESPRIMO FH77/DD FMVF77DDB 画面表示が乱れるブルー画面になる動作が不安定 PCクリーニング対応

以前修理させてもらった法人様の中の方が、今度は個人のものがおかしくなっちゃって・・・ということで、ご自宅のパソコンをお持ちくださいました。

引き続きご利用いただき、ありがとうございます!

お預かりしたのは富士通のESPRIMOシリーズFH77/DDです。

20170707_FMVF77DDB_01

症状が定まらない不具合の原因は?

お客様のお話では、前日に使っていたらいきなり画面の表示が乱れて、ノイズが走ったような感じになったそうで、仕方なく再起動すると今度はブルースクリーン、やむなく強制的に電源を落として当店に持ってきた、という流れだそうです。

そのときの画面を逐一スマホで撮っておいたとのことなので、お客様と一緒に写真チェック。エラー画面の出方に規則性も関連性も見当らないので、ハードディスクは関係なさそう。あとはメイン基板かグラフィック系か、大体の当たりをつけていきます。もしや熱暴走!?というのも頭の隅に残しつつ。

こういうのって、ホント助かるんですよねぇ。あっ、一句浮かんだ(笑)

証拠写真、あるとないとじゃ大違い

お粗末様でした。

一体型パソコンのクリーニング

当たりを付けたところで、とりあえず分解いってみましょっか。マウスをぽちぽちしているよりも、実物をみたほうが答えはなんだか早そうな気がします。

まずは背面のカバーから取っ払います。

20170707_FMVF77DDB_02

にじみ出る汚れが、なんとなく嫌な予感。

さらに鉄板カバーを取っ払うと、ファンが2つもコンニチハ。

20170707_FMVF77DDB_03

現状から原因は排熱不足と推察。プラス、固まってしまったホコリが基板に付着してしまい、何らかの影響を及ぼしてしまったか。

この状態から根気よく1時間以上かけてクリーニングしていきます。

20170707_FMVF77DDB_04

アップにすると強烈さが分かりますねぇ。

ファンは分解の上、お湯洗浄。CPU部分にはグリスを塗布します。今回の場合は、グリスアップするしないで10度以上の差が出ましたから、やっぱりグリス、大事です。

20170707_FMVF77DDB_05

クリーニング後は、このパソコン唯一の不良部品であるDVDドライブの交換です。

DVDが読めないとのことでしたが、ここは排熱不足とは関係ないところですね。

20170707_FMVF77DDB_06

点検清掃整備交換、すべての作業が終わって再組立て。

分解中も動作テストはしていますが、組み上げ後の最終動作確認です。

20170707_FMVF77DDB_07

スイッチオンで何もしていない状態で40度台。とことん負荷をかけて80度前後なので、これで動作確認はOK。

いやぁ、今回のクリーニングは汚れがかなり頑固でくたびれました。。。

が、また新しい一体型パソコンを12万円以上出して購入して、なんやかんや初期設定とデータ移行なんてことを考えたら、クリーニングであと3年寿命が延びたと思えば安いものじゃないかと、自画自賛で思うわけです。

20170707_FMVF77DDB_08

ご利用ありがとうございました。