REGZA PC D711 D711/WTTEB PD711TTEBGBW 一体型デスクトップのハードディスク交換

ハードディスクが壊れてるはずなんだけど、交換だけをお願いできる?リカバリは自分でやれるから。

というご相談。
もちろん単純な部品交換だけでもウェルカムです。

でも、ハードディスクが壊れてるのがわかってて、リカバリもご自分でやられるなら、部品交換まで出来てしまいそうなものですけどもね。わざわざご依頼くださるということは、きっと一筋縄ではいかないのでしょう。

お預かりしたのはREGZAブランドの一体型デスクトップD711/WTTEBです。

20170409_PD711TTEBGBW_01

REGZA PC D711の分解

じゃあ早速バラしていきます。ポイントは2か所。

背面のネジを全部外してやるのは、どのメーカーも共通だとして

20170409_PD711TTEBGBW_02

1つ目のポイントは、光学ドライブあたりのネジに気を付けること。

20170409_PD711TTEBGBW_03

2つ目は思いっきり背面カバーを取り外すこと。きっとお客様がご自分でやられなかった理由がここでしょうね。とにかく厄介なんです。

他のサイトでも分解手順を解説してくれていますが、この機種は背面カバーがすべてです。バキバキ言わせながら一気呵成に剥ぎ取りましょう!

うまくいけば、噂通りのノートパソコン用ハードディスクがお出迎え。

20170409_PD711TTEBGBW_04

お客様のご要望どおり、デスクトップ用ハードディスクにします。取り付けにはひと工夫必要。

20170409_PD711TTEBGBW_05

あとは電源を入れて。取り付けたハードディスクが認識されているかどうか確認しますが

20170409_PD711TTEBGBW_06

念のためWindows7のインストールディスクでもハードディスクを認識してくれるよね?ってところまで確認して

20170409_PD711TTEBGBW_07

作業完了となりました。
持って帰って、リカバリできねぇーぞ!っていうんじゃ、ほんと冴えないですからね。

ご利用ありがとうございました。