TOSHIBA Satellite C800 スタートアップ修復を繰り返すばかりでWindowsがたちあがらない

海外で購入したパソコンなんだけど、どうにか壊れる前の状態に戻してくれないだろうか。

というご相談。
壊れる前に戻るかどうかは壊れっぷりによるんですよ、おそらくハードディスクさんの。というお話をさせてもらって「とにかく診断後また話し合いましょう。診てみないとご提案もできないですし」ということでお預かりしたのがこちら。

20160810_satelliteC800_01

特急修理のせいで写真がないんですよねぇ。。。
なのでちょっとよそから拝借(笑)ごめんよサンクス!

スタートアップ修復は危険信号

症状はというと、起動途中でいきなりこれ

20160810_satelliteC800_02

そして勝手になにやら始まるというパターン。

20160810_satelliteC800_03

TOSHIBAだけど海外製ですから日本語じゃないんですよね。日本語に読み換えるとスタートアップ修復してまっせーという画面。これの繰り返し。お客様は知り合いから「ハードディスクじゃないの?」と言われたそうで。

ビンゴー!

坊主の診断結果もハードディスク不良。
さーて、ここからどれくらい元に戻せるか、ですよね・・・。

ハードディスク修復

ハードディスクは基本直りませんから、一時的に修復して中のデータをキレイに取り出していきます。

20160810_satelliteC800_04

データがキレイになったら、新しいハードディスクにデータを丁寧に移し替えます

20160810_satelliteC800_05

長時間の作業を焦らずじっくりこなすと

20160810_satelliteC800_06

このとおり、いつもの画面が大復活するわけですねー。ちなみにこの作業、出張修理では絶対しません。つーかできないよ、泊りになっちゃうよ、住み込みだよ。。。

パソコンクリーニング

仕上げにサービスで内部清掃をやっちゃいます。これは坊主の気分次第。今回やる気になったのは、あまりにもお預かりしたパソコンがホコリっぽかったから。

だって、これでお返ししてまたすぐどっか別のところがダメになったら嫌じゃん!(笑)

20160810_satelliteC800_07

CPUファンのところはこの有様。

20160810_satelliteC800_08

パソコンでいうところのホコリは万病の元ですからねぇ。
ホコリを取り除いて、中に熱が溜まらないようにしておくとパソコンは長持ちする傾向ですから

20160810_satelliteC800_09

これであと3年はいけるかな!?

ご利用ありがとうございました。