Dell Latitude E5250 Windows7の32bitをWindows10の64bitのアップグレード

Windows7 32bitからWindows10 64bitにアップグレードできるみたいなんだけど、そんなのもやってもらえるの?

というお問い合わせ。
えっ?そんなんできんの!?と一瞬思ったのは内緒です(笑)

お預かりしたのはDellのLatitude E5250。

20160708_LatitudeE5250_01

これをメモリ8GB+SSDにしてさらにOSをWindows10 64bitにしてしまえば、向こう10年は使えるんじゃないかなーっていう算段です。メカさえ持ってくれれば5年は敵ナシでしょうね。

Windows7 32bitからWindows10 32bit

まずはWindows10の32bit版64bit版のインストールディスクを用意して

20160708_LatitudeE5250_02

32bitディスクから使っていきまーす。Windows7が動いてる状態でセットしたら勝手になにやら始まるんだけど

20160708_LatitudeE5250_03

もう忘れかけてるけど、結局ディスクブートしないといけなかったような気がするんだよなぁ。まあそのへんは臨機応変に。

とにかくいったん始まってしまえば流れに身を任せましょう。川の流れのよう~にー♪

20160708_LatitudeE5250_04

Webプラットフォームのカスタマイズの罠

Windows10 32bitへのアップグレードが終盤に差し掛かってくると

20160708_LatitudeE5250_05

個人用設定
次の個人用設定を設定しています:
Webプラットフォームのカスタマイズ

なぜかこの表示で止まっちゃうので、Windows10のライセンス認証が通っていることを確認して強制電源OFF。

20160708_LatitudeE5250_06

Windows10 32bitからWindows10 64bit

どうせ32bit版じゃ使わないんだから、気にせず次へ。64bitのディスクを使っていきまーす。これはたしかディスクブートじゃないとダメだったかも。

20160708_LatitudeE5250_07

画面が貧相だからディスクブートだね。

20160708_LatitudeE5250_08

プロダクトキーなんて知らないから「後で」を選択。

20160708_LatitudeE5250_09

あとはひたすら川の流れのよ~にー♪でWindows10 64bitのできあがり。

20160708_LatitudeE5250_10

ネットにさえつないでいたらこのとおり

20160708_LatitudeE5250_11

ライセンス認証させてまっせ奥さん!となるみたいです。仕組みが気になる人はMicrosoftに聞いてみてください。私はまったく気にならないッス(笑)

ご利用ありがとうございました。