Windows8 ブートマネージャの修復だったりUEFIの修復だったりの2本立て

Windowsが起動しない!システムの復元とかスタートアップ修復もまったくダメ。なんとかしてくれー!

ということでWindows起動不具合のパソコンが2台続けてきたので、記事消化も含めてワンパッケージでご紹介。

まずはdynabookなT353/31JBSから。

20160624_PT35331JSMBS_01

電源入れてすぐブルー画面

こういう場合は大体がWindows自身のトラブルです。今回の2件ともスイッチ入れてメーカーロゴのあとにブルー画面。

20160624_PT35331JSMBS_02

BCD
0xc0000034

UEFIの修復

「起動系システムのBCDがおかしいでー!」という分かりやすい案内のおかげで

20160624_PT35331JSMBS_03

bootrec /fixboot
bcdboot C:\Windows /l ja-JP

コマンド2つ入力してやるだけでWindows8大復活。

20160624_PT35331JSMBS_04

勝手に自動修復が始まる場合

お次はDELLのデスクトップInspiron660s。

20160624_Inspiron660s_01

メーカーロゴ→修復しようとしています→診断中→修復できませんでした、となるお決まりの流れ。

20160624_Inspiron660s_02

この場合、原因不明となるパターンもあるけど、今回はログファイルにガッツリ

20160624_Inspiron660s_03

ブートマネージャでOSローダーが見つかりませんでした
と書かれてるから、やり方としては上のUEFI修復と同様でしょうねー。

ブートマネージャの修復

こちらもいつもの直し方でやっつけてやります

20160624_Inspiron660s_04

ところがどっこい、再起動でさらなるブルー画面に突入。。。

20160624_Inspiron660s_05

Windows\system32\winload.efi
0xc000000f

日本語で書いてあるけど、言ってることはdynabookのブルー画面と変わらず、違いはファイルとエラーコードのみ。でもこれだけ手掛かりあれば、まあなんとかなるっしょ、と軽く考えた私のばかばかばか。

ブートマネージャの逆襲

あれも

20160624_Inspiron660s_06

これも

20160624_Inspiron660s_07

どれを試してもブートマネージャの修復ができず・・・。クローンを作ってはまたイチから試す作業にも疲れ果て、とうとうお客様にギブアップ宣言。データは極力残すことでリカバリさせてもらうことになりました。当店の負けでございます。。。

20160624_Inspiron660s_08

リカバリを選択したのは、PCのリフレッシュ、初期状態に戻す、ともに動いてくれなかったから。初期化後、避けておいたデータを戻し作業完了。

20160624_Inspiron660s_09

起動修復系はまだわからん部分がありますわ。。。
修行あるのみですね。

ご利用ありがとうございました。