Apple iMac A1224 レインボーカーソルになり起動しなくなった ハードディスク交換修理

業務で使用しているiMacが起動しなくなった。中には重要なデータ。Macは高いからできれば使えるようになれば嬉しい。直るか直らないかは置いといて、とにかくデータ最優先でお願い!

というご依頼。
開店と同時にお持ちいただくほどなので、さぞお急ぎのことだったでしょうが、データ最優先ということなので、急ぎながらも時間はじっくりかけさせてもらいます。じゃないとその大事な大事なデータすら戻ってきませんからね。

お預かりしたのはiMac A1224。2007年Macですが多少バージョンが古いAdobeソフトなら十分動く性能です。2万3万で直るならたしかに経費節減ですよね。

20160411_iMacA1224_01

iMacのハードディスクを取り出す

分解方法はいくらでも検索でひっかかると思いますので、ポイントだけ書いていきまーす。

まずはマックさんを寝かせて

20160411_iMacA1224_02

100均で売ってる吸盤2つでガラス面を取っ払います。

20160411_iMacA1224_03

他のサイトでは液晶パネルも外しているところが多いですが、私の場合は全部外したくなかったのでこんな感じに斜めで固定。

20160411_iMacA1224_04

ハードディスクを取りたいだけですからね。
裏はどうなってんだ!?というと、これまた100均のなんちゃってブロックで支えてるだけ。

20160411_iMacA1224_05

どのパソコン修理屋も100均アイテムが満載ですよきっと。

ハードディスク診断

Macのハードディスクには必ずリンゴマークがあるんでしょうか。今のところハズレなしです。

20160411_iMacA1224_07

こいつを調べると、明らかに重症。ダメージでかすぎて読み込み初期で止まってしまうのがよくわかります。レインボーさんも納得。

データ復旧もこれはちょっと費用的に見合いそうにないかなぁ~なんて思っていましたが、先頭がダメなら後ろからならいけるんじゃね?とひらめき、久しぶりにMASAMUNEクローンさんを使用。すると、あれよあれよと95%以上までデータを取得しちゃうじゃあーりませんか。嬉しい誤算(笑)

OSX10.5再インストール

その間にハードディスク交換したiMacにLeopardをインストールしていきます。Leopardですからね、ネットワークリカバリ非対応なのでディスクインストールです。

あーそうだ、これ重要かも。古めのMacもAFTハードディスクは避けたほうがいいんじゃないかと。個人的興味で先にAFTハードディスクにLeopardをインストールしてみましたが、全体的なアクセス速度にもたつきを感じました。

20160411_iMacA1224_06

でも本当のところはわかりません。AFT問題。わからないだけに、AFTハードディスク登場前のモデルには、AFTじゃないハードディスクを使って出来る限り不具合からおさらばしたいというのが本音かもしれないですね。Windowsみたいに対応OSの一覧表でもあればいいんだけどなぁ。

Macのデータ復旧

iMac修理から遅れること3日。じっくり時間をかけて取り出せたデータは、これまでの成果物のほぼほぼ。おそらく9割はあったんじゃないでしょうか。

20160411_iMacA1224_08

この22GBに追加分5GBで計27GB。
助かりましたの一言ですべてが救われますよね。やっぱりデータ復旧はやりがいあるよ。うん。

ご利用ありがとうございました。