dynabook Qosmio T750/T8BS PT750T8BAFBS3 電源を入れてしばらくすると画面が真っ暗になるフリーズする CPUファン清掃対応

何度かご依頼いただいたことのあるお客様から、パソコン使ってるとおかしくなる、なんとかしてよ、とご相談。

お預かりしたのはdynabookの高性能シリーズ、Qosmio T750/T8BSです。

20151122_PT750T8BAFBS3_01

電源が入ってしばらく使える場合は?そう、ほっともっと

全体を眺めてみると裏側の吸気口はファンが見えない状態。

20151122_PT750T8BAFBS3_02

あぁ・・・やっぱ!?
でもさすがにこれだけで決めてしまうのは乱暴なので、電源を入れて温度を確認してみると

20151122_PT750T8BAFBS3_04

なーんもしてないのに80度オーバー。間違いないっしょ。じっちゃんの名にかけて!

Qosmioシリーズの分解は結構めんどい

今回はファン交換でもグリスぬりぬりでもない、純粋な内部クリーニングですね。じゃ、いっちゃいましょう。

まずはひっくりかえしてネジを全部外しまーす。

20151122_PT750T8BAFBS3_05

表返ってキーボードをひっぺ返して

20151122_PT750T8BAFBS3_06

20151122_PT750T8BAFBS3_07

キーボード下のネジを外してメイン基盤御開帳。

20151122_PT750T8BAFBS3_08

分解はここからが山場

CPUファンを掃除するためにはメイン基盤を丸裸にする必要があるので、意味不明な鉄板を取り外しにかかりますが

20151122_PT750T8BAFBS3_09

20151122_PT750T8BAFBS3_10

なんでこんな作りになってんの?ってくらい苦労。。。
鉄板を取っ払うためには背面のネジ2本を

20151122_PT750T8BAFBS3_11

20151122_PT750T8BAFBS3_12

そして先に液晶画面を外して

20151122_PT750T8BAFBS3_14

やっとこさ鉄板地獄から解放される、と。

20151122_PT750T8BAFBS3_13

あとは電源ケーブルを慎重に外せば

20151122_PT750T8BAFBS3_15

こっちのもん。

20151122_PT750T8BAFBS3_16

目詰まりした吸気口をキレイに。

20151122_PT750T8BAFBS3_17

CPUファンの排熱口は

20151122_PT750T8BAFBS3_18

水洗いでぴっかぴか。

20151122_PT750T8BAFBS3_19

パソコンの高温は万病の元

全体的にホコリを取り除いたところで、元どおり組み直しスイッチオン。温度を確認すると一気に30度近くも下がっちゃってこのとおり。

20151122_PT750T8BAFBS3_20

負荷をかけても、もう電源が落ちたりフリーズする心配はありません。

20151122_PT750T8BAFBS3_21

完璧!

20151122_PT750T8BAFBS3_03

ご利用ありがとうございました。