HP Pavilion 15-n207AU パソコンがたちあがらない ハードディスク交換修理

電源を入れたまま机から落としてしまってから、だんだんと動きがおかしくなってきて、とうとうWindowsが起動しなくなった。

というわけでお持ちいただきましたヒューレッドパッカードのPavilion 15-n207AU。

20151013_15-n207AU_01

ノートパソコンは衝撃に弱いんですよ。そりゃ机から落としたら、さすがにジ・エンドですわ。。。

Pavilion 15-n200シリーズはハードディスクがめんどい

落として調子が悪くなったわけですから、ハードディスク故障だと思ってレッツ分解。

まずは裏面から。

20151013_15-n207AU_02

表に返ってキーボード。

20151013_15-n207AU_03

そこから本丸へ。

20151013_15-n207AU_04

海外メーカーは基本に忠実だから好きです。素直が一番ですよ。

問題のハードディスクは完全にアウト。認識しない上にもしここからデータ復旧なんかしてしまうと完全に予算オーバーでしょうから、今回は交換初期化のみでお客様にご案内しました。

20151013_15-n207AU_05

ディスクなしのWindows8リカバリ方法

さて、Windows8になってからというもの、リカバリに対するハードルは・・・

下がったんですよね。
個人的にはそう思う。

リカバリディスクを持っていない作っていない人は、これまでなら高い勉強代を払ってメーカーからリカバリディスクを購入しないといけなかったのが、8からはMicrosoftのホームページからWindows8の素をダウンロードできるようになったわけです。で、そいつを利用して8の再インストールができるという、なんとも親切設計。

ここで、おいプロダクトキーどーすんねん!と思ったあなた。結構パソコンいじってますね~。

そう、8からは本体にライセンスシールが貼られなくなったんですよねー。けどだいじょうび。Windows8の素をディスクに保存してパソコンに突っ込むと

20151013_15-n207AU_06

なにやら始まるので

20151013_15-n207AU_07

お得意の次へ次へ。

20151013_15-n207AU_08

あっ、結局ディスクいるね。。(笑)
ディスクもいるし、2台目のパソコンもいるね。。。(笑)

肝心の認証作業はというと

ワンクリックや!

20151013_15-n207AU_09

海外メーカーの修理は悩み多し

今回の修理費用は2万円ちょい。購入時の金額がネット通販で4万円ほどだったそうです。買うよりかは安いかーというところで最初は修理はないかな?と思いました。

人はどうしても購入金額にこだわりますからねぇ。
私も含め。。。

それが今回ご依頼いただけたと。買い替えよりも修理を選択されたことに私の中でも新しい発見があったように思います。

20151013_15-n207AU_10

データうんぬんは関係ないという前提で・・・
修理するしないの判断は購入金額に縛られるべきじゃない。ネット、メール、印刷が不自由なくできてた日々に戻るのに、新しいパソコン買うほどの費用を掛けなくてもいいだろ
という考え方。シンプルでイイです。

修理屋なのに買い替え派の私には新鮮でした。
ご利用ありがとうございました。