Aspire AS5750G-N78E/LKF ファンがうるさい CPUファン交換修理

そちらのブログに書いてあるのとほぼ同じ症状なんだけど、直してもらえる?

お問い合わせフォームからの修理依頼です。
お持ちいただいたのはAcerの高性能PC、AS5750G-N78E/LKF。

20150911_AS5750G-N78ELKF_01

当時はこの性能で7万円台。きっと今同じ性能で売り出しても10万円以上はするはず。う~ん・・・円高デフレって素晴らしいんだか恐ろしいんだか。

分解のコツはネジの場所をしっかり把握しておくこと

ではさっそくバラしてレッツ交換。いや、レッツ診断。まだ交換か分解清掃グリス注入かわかんないからー。

流れは基本どおり。裏面から見えるネジすべて外して

20150911_AS5750G-N78ELKF_02

表に返ってキーボードひっぺがえして、キーボード下のネジを外す

20150911_AS5750G-N78ELKF_03

ここで電源を入れてCPUファンの様子を見るのもいいかもしれませんねー

20150911_AS5750G-N78ELKF_04

うん、結構な音。これはイヤだ(笑)
ファンの型番はKSB06105HA

さらに探検隊は進んでいき

20150911_AS5750G-N78ELKF_05

CPUファンに到着。こういう放熱板一体タイプはテンション下がるのよねぇ。。。(笑)

20150911_AS5750G-N78ELKF_06

取り出したファン、回してみると引っ掛かりなく回っちゃう

20150911_AS5750G-N78ELKF_07

ということでファンの軸部分に潤滑用グリスを塗布。

20150911_AS5750G-N78ELKF_08

仮組みしてスイッチオンで、わお!

20150911_AS5750G-N78ELKF_09

サァーという爽やかな回転音がするじゃないの。

交換で直るパターンと分解清掃で直るパターン

ここでお客様にご連絡。分解清掃とグリス塗布で音はしなくなりますよ、と。でも、お客様の回答は交換希望。わかります、やっぱりまるごと交換のほうが、精神的安定が得られるんだと思うんですよね。このへんが、なんでもかんでも費用を抑えればいい、ということの対極なんだと思います。この納得感が大切なんでしょう。

すぐさま交換用ファンを手配、4日後に届き、バシっと交換。

20150911_AS5750G-N78ELKF_10

20150911_AS5750G-N78ELKF_11

Acerの5750Gシリーズ、この機種結構な数売れてるみたいだから、今後もまだまだ続きそうですね。
ご利用ありがとうございました。