Windowsが起動しなくなった 致命的なエラー C0000034 再インストール対応

年に1回は必ず声を掛けていただくお客様から

「Windowsの更新中に強制的に電源を落としたらさ、起動しなくなったんだよ。直る?」

というお問い合わせ。

急いでたから強制的に落としたそうなんですが・・・
切っちゃダメ!ゼッタイ!
なんです、更新中は。たまにWindowsの更新が勝手に実行されて煩わしいんだよって方は、自動更新をOFFにしておきましょう。ウイルスどうのこうのって言われそうですが、パソコンが使えなくなるよりマシです。

さて、お持ちいただいたパソコン、電源入れると

20150116_WindowsUpdate_01

致命的なエラー C0000034
なんじゃこりゃ。

しばらく放っておくもこの状態。ハードディスクアクセスもないし、キーボードたたいてもうんともすんとも言わない。

仕方ないので電源OFF。
再度電源を入れるとスタートアップ修復と通常起動を選択する画面。そう、いつものあの画面です。

スタートアップ修復はお客様が散々試されてるはずなので当店は華麗にスルー。
ハードディスク自体も異常がないのでやることはひとつ。

パーティション修復です。

でもその前にリカバリは動くのか気になったのでリカバリ実行。結果はがっつりエラーメッセージ。
ええーー!って感じ。

リカバリできないこともわかってまさに背水の陣ってやつです。追い詰められた私は超絶修理テクで直しちゃうんだもんね!

といきたいところでしたが・・・

パーティション修復ならず。

なんなんでしょうね、これ。ハードディスク壊れてないのに直せないって、正直自信喪失。。。

ボッコボコにやられたところで残された道はただひとつ。データ取り出し後にWindows再インストール。でもってデータを戻して華麗にキメてお客様に喜んでいただく!

そんなふうに簡単に思ってた時期が私にもありました。

なんなんでしょうね、これ。中のデータすら救出できません。パーティション情報のやられ方がヒドイとこうなっちゃうもんなのか。いや、本気出せば出せないこともないですが、データ復旧費用が上積みされることを考えると費用合わないよねってことで。う~む。。。

八方塞になったところでお客様にご連絡。
もうまっさらになってもいいから使える状態にしてほしい、と言っていただきまして、Windowsの再インストールを実施。

やっとこさパーティション地獄から抜け出せる・・・

ドライバ類、ソフト類を設定し作業完了。
ご利用ありがとうございました。