Acer Aspire 5750 N54E/K 壊れたハードディスクからのデータ取り出し

パソコンが起動しなくなった。修理はできるのかデータは取り出せるのか、とりあえず診てほしい。

ということでお持ちいただいたAcerのAspire 5750 N54E/K。
お客様のお話ではリカバリディスク作ってなし、メーカーへ有償リカバリディスクを問い合わせるもこの機種は対象外、そしてWindowsは起動しない。まさに絶対絶命の状態でのご来店です。

この状態ですと、当店としてもほぼ出来ることはありません。そしてどの選択肢を選ぶもそれなりのご負担となってきます。

修理するにもデータを取り出すにも、まずは肝心要のハードディスクがどうなっているのかを診断しなければなりません。

お客様にはお引取りいただき、さっそくハードディスクの検査から。

20131114_Aspire5750_01

注目の診断結果は、安心のクロ。
安心の、というのは予想どおりという意味。しかもクロはクロでも真っ黒。不良セクタの箇所は何千という数です。。。

ここから修理をすると・・・OS費用入れると新品買ったほうがいいですね、という金額ですからデータ復旧・データ復元に方向をシフトします。
当店のデータ復旧・データ復元サービスは個人のお客様の場合は最大でも¥18,000です。復旧率は50%かもしれませんし、70%かもしれません。100%は稀です。30%の可能性だってあります。

このように精度が素晴らしいわけではない当店のデータ復旧・データ復元サービス。どういうお客様にオススメかというと、ある程度の金額である程度のデータが取り出せればありがたい、というお客様に最適だと私は思っております。なにがなんでもどうしてもデータが必要なんだ!というお客様には、設備・技術・ノウハウがしっかりした規模の大きなデータ復旧専門会社へご依頼頂くのが絶対に良いと思います。

今回のお客様も実は当店にお話を持ってこられる前に別の業者さんにデータ復旧に関して見積りを取られたそうですが、金額はなんと二桁万円。「なんと」は失礼ですね。今回のハードディスクの状態(大量の不良セクターあり)であれば、データ復旧専門業者さんであればどこも二桁万円は余裕でいっちゃうお話です。

そんな状態の悪いハードディスクから取り出せるだけのデータを取り出した結果は

20131114_Aspire5750_02

写真4000枚以上、映像は100本以上。
お客様にも「ここまで出せるとは思っていなかった」とお喜びいただきました。2度と戻らないお子様との記憶の数々、それを甦らせることが出来て私も大満足!
ご利用ありがとうございました。

それにしてもコマーシャルの多い記事に仕上がってしまいましたね(笑)