Panasonic Let’s note CF-R1 WindowsUpdateで更新プログラムをインストールすると、再起動後ブルースクリーンが発生してしまう

なんともまぁ長いタイトルですが、このとおりのご依頼です。

お持ちいただいたのはPanasonic Let’s note CF-R1。タブレットまでのつなぎでこのノートでどうしてもインターネットがしたい、というご要望。10年以上前の製品に費用をかけるのはあまりお勧めしないですよと申し上げましたが、どうしてもということなので作業に取り掛かります。

まずは目の前で動作確認。すると

20131106_CF-R1_01

ガツーン!とさっそくブルースクリーン。
PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA
0x00000050

エラー表示を見る限りは「メモリエラーですよ」と言っていますが、お客様から事の経緯を伺うかぎりではメモリエラーはありえません。長くなりそうなので、お客様にはここでお引取りいただき、腰を据えて作業開始。

まずは正常に起動できるようにしましょう。
サービスパック(以下SP)の3を入れてからブルースクリーンが発生するようになったとのことですから、セーフモードで起動してSP3をアンインストール。すると何事もなかったかのように正常起動します。

おっ。こりゃ案外長期戦にならないかも。

インターネットする分にはこのままでも困りませんが、SP2の状態でネットの海に放り込むわけにはいきません。意を決してSP3をインストールしてみると・・・

あれ!?!?
起動しちゃったよ・・・(笑)

なんか拍子抜け。こりゃ楽勝だったなぁーなんて思いながら残りのWindowsUpdate、約90個ほど更新をかけて再起動すると

20131106_CF-R1_02

なんじゃこりゃあああああ!
やっぱりそこまで甘くなかったよね人生って!状態。

あの90個近い更新プログラムの中から原因となる項目を探すのか・・・。
気が遠くなる。。。

なにもせずにあーだこーだ言ってても始まりません。セーフモードで起動して片っ端から更新プログラムをアンインストール!そして再起動!これを繰り返すこと5回目くらいで、ある程度原因となっている更新プログラムを特定。そこからGoogle先生に答えを教えてもらうと

CF-R1のサウンドドライバが特定の更新プログラムに対応していない
という結果が。なんとも拍子抜け。。。

なんでここまでしないとこの程度の結果が予測できなかったのかと少々自分にがっかりです。想像力、大事ですね。

20131106_CF-R1_03

というわけで、サウンドドライバをWindowsデフォルトのものに変更し再起動すると

20131106_CF-R1_04

あっさり起動OK!
残りのアップデートを適用し作業完了!
ご利用ありがとうございました。