パソコン工房 M450CBAT-6 この1台だけが無線LANにつながらない その意外な理由とは・・・

iPadやiPhoneは無線ルーターにつながるのに、このノートパソコンだけ無線につながらない。

本来ならば無線LAN関連のトラブルはお伺いして解決すべきなのですが、今回は無線ルーターがWiMAXということでお客様のご希望でご来店となりました。

お持ち頂きましたのはパソコン工房製のノートパソコン、M450CBAT-6。

20131103_virus_01

あるんですねぇ、パソコン工房のノートPCって。当時は高スペック機だったのでしょうが、今ではXPでインターネットと事務作業ができる程度の性能です。こういうのがなかなか頑丈で壊れないもんなんですよね(笑)

さて、さっそく電源オンすると、デスクトップ画面登場。
のんび~りと右下のタスクバーが表示されていき、無線アイコンの上で右クリック。

そっからが長----い。

すべての動作が2,3分かかる。

隣で様子をご覧になっていたお客様とこのまま時間をつぶしていくわけにはいきませんから、しばらく預からせてくださいということでお客様にはお帰りいただき、じっくり腰を据えて調査開始。

通常起動でこの動作ですから、まずはセーフモードで起動してみることにします。
F8からセーフモードとネットワークを選択しデスクトップ画面表示。

何もないところで右クリックすると、サッとメニューが表示されます。スタートメニューからmsconfig画面もサッと表示OK。セーフモードなら動作快適です。

ということはスタートアップ項目ですか。msconfigからチェックを外し再起動。すると・・・

やっぱり動作はのんびりのまま。
ふ~ん。はてさて、どうしよ。

右下タスクバーに目をやるとたいぶ期限切れのノートンさん。不要だと思うソフトは削除してもいいよ、とお客様にご承諾いただいてましたので、あっさりノートンさんを削除。再起動すると幾分操作できるようになりましたが、CPU使用率を確認すると

なぜかぶっちぎり100%。

幾分操作できるようになったせいか、右下タスクバーに目をやると無線接続が出来ています。一応解決っちゃ解決なんですが、このままこのノートPCを返すわけにはいきません。とにかく普通に使える状態まで戻さないと。

ここから原因調査で確認していくところと言えば、プロセスチェックと常駐ソフトを切っていくくらいでしょうか。

もうやれることは決まっていますのでどんどん進めていきますが、一向に状況は改善しません。CPU使用率は100%のまま。

う~ん。。。弱ったなぁ(笑)
かっこ笑いとかやってますが、内心は動揺。。。

そのとき同時進行でやっていた作業がAntivirus Security Proの駆除。そのおかげで、あっこれじゃん!と何年かに1回のひらめきが。

ひらめきを忘れてしまわないうちに、ウイルス駆除ツールを実行させてみると

20131103_virus_02

どビンゴ!やっぱりトロイさん。
3つの駆除ツールで重複チェックを行い、もう問題はないだろうというところで再起動してみるとCPU使用率は2,3%をウロウロで症状改善。インターネットも文書作成も問題なし!

作業完了ということで、改めて原因をまとめてみると、もともとスペックに余裕のないところにノートンさんで追い討ち。しかもそのノートンさんが期限切れだったせいでトロイの木馬ウイルスにシステムをやられてしまい、原因不明のCPU使用率100%。PCの動作が超重たいため、普段なら自動的に無線接続されるところが接続エラーとなっていた、という感じでしょうか。妄想なので独り言程度に留めておいてください。

ご利用ありがとうございました。