BTOパソコンの電源が入らない マザーボード交換修理

電源が入らない。自作パソコンだけど大丈夫か?

というご依頼です。
私の好みとしては、メーカーPCよりもBTOや自作PCといったもののほうがやり易いんですよね。縛りがメーカーPCよりも緩い印象。

そんな理由からふたつ返事でやらせてもらうことに。

ご来店の足がないということでしたので引取りにお伺いすると

・・・デカイ

そして重い。今までで一番重いパソコンかも。。。

やっとの思いで店舗に運んだものがこちら。

20131020_BTO_01

もう、ほんと置き場に困っちゃうんだよなぁフルタワーは(笑)
だから作業は他のご依頼よりも多少スピーディかもしれません。作業場確保のためにも致し方なしです。

電源が入らない、電源が入っても画面が映らない場合の故障箇所は大抵がマザーボード、時々電源ユニット、稀にメモリ。どれから検証するのが楽かといったらメモリからなので、まずはメモリから。

交換後スイッチオン。

・・・無反応

メモリ、はい消えたー。
なるほどザワールド方式。

お次は電源ユニット。
交換後スイッチオン。

・・・無反応

電源ユニット、はい消えたー。
消去法でマザーボードに決定。やっぱりマザー。おまえか。

マザーボードを目を凝らして確認しますが、これといっておかしいところはなし。そもそも固体コンデンサと、チップセットは全部放熱板が載ってる状態。目視じゃ無理ッス。だめッス。お疲れッス。みたいな若手ヤング状態。

テスターで地道に・・・なんて考えていたら、同型のマザー(ASUS P5E)がお手頃価格で売り出されてるじゃあーりませんか。ソッコーで手配し、届いたものがこちら。

20131020_BTO_02

これをおんどりゃー!と全部載せ換え。自作PC特有のドデカイCPUクーラーに手こずりましたが、なんとかなってスイッチオン。

ほんとにこれで点くのー?と半信半疑でしたが、あっさりパソコン始動。今までどおりであろうデスクトップが表示され、動きも問題なし、データもきっとOKで作業完了!
ご利用ありがとうございました。