Internet Security designed to protect 偽セキュリティソフトウイルスの駆除

ウイルスにかかった!なんとかしてくれー!

ここ最近ずっと続いているAntivirus Security Proか!?とお電話のときは思いましたが、お話を伺うとどうやら違うようで。

名前がなんともフツーな偽セキュリティソフト。
百聞は一見にしかず、ということでお持ちいただきましたノートパソコンの電源をオン。すると

20130916_InternetSecurity_01

Internet Security designed to protect

デザインなんちゃらのくだりはなんなんでしょうねぇ。
小さく添える程度の文字の大きさでオシャレ感UPを演出しているのでしょうか(笑)


さて、観察を一通り済ませ、いざ駆除作業へ。

このウイルスはソフトの起動を邪魔するので、ネットも見れないですし駆除作業をすることもできません。普通にパソコンを起動させている限りでは。

なので、無敵のセーフモードで再度起動。

フォルダオプションを変更し、ウイルスの実行ファイルを探し出し

20130916_InternetSecurity_02

フツーに削除。
お次はレジストリのお掃除。どこを削除したらええねん!とお悩みの方は、Internet Securityまたはウイルスの実行ファイル名(今回はbsprotection)で検索するといいでしょう。

最後の仕上げにウイルス駆除ツールでトロイの木馬を探しましょう。
今回はバッチリおりましたので削除。

Antivirus Security Proのおかげで、どうしても気になる駆除後のシステムチェック。管理ツール → サービスで一覧を確認。

うんうん。異常ないでーす。

どうやらこのウイルスはシステムをいじらない系ですね。Antivirus Security Proよりは控えめなヤツみたいです。

システム確認、動作確認を終え作業完了!
ご利用ありがとうございました。