SONY VAIO VPCEA2AFJのハードディスク交換とリカバリ

パソコンが起動しなくなった

という当店No1の症状でご来店いただきました。
その場で直れば一番いいのですが、そう上手くいくことはそうそうないわけで。

さて、それではじっくり診ていきましょう!
SONY VAIO VPCEA2AFJ。2010年製でバリバリの現役、あと3年は楽に使える機種です。
まずは起動させてみます。

・・・

・・・・・・

しらばくしても画面は真っ暗のまま。もしかして重症?
とりあえずデータ最優先ということで、ハードディスクを取り出し、作業用PCに接続、丸ごとバックアップします。オッケー!

安心したところで、その問題のハードディスクを確認すると

20130416_VPCEA2AFJ_01


ハードディスク自体の問題というわけでした。。。なんともあっさり。
この状態でリカバリをしても結局はすぐ使えなくなってしまう可能性大なので、ハードディスクを交換します。

このとき必要となるのがリカバリディスク。お客様の中には作られていらっしゃらない方が結構おられるのですが、今回はというと

・・・やっぱり作られていない。

仕方がないので、1週間半かけてメーカーより取り寄せ。5,250円でした。もっとするのかな?と思っていたのですが、案外お手頃な値段設定なんですね。良心的。

20130416_VPCEA2AFJ_02

あとはハードディスクを交換しリカバリ。そして取り出しておいたデータを戻してやるだけ。

ここで最大の注意点。
VAIOのリカバリにAFTハードディスクは使用できません
大事なことなので、もう一度。
VAIOのリカバリにAFTハードディスクは使用できません

私がこれだけアピールしているということは、この罠に掛かってしまったというわけで。リカバリをしても正常に終了しないんですよね。。。リカバリ作業終盤に必ず以下のようなメッセージが出ます。

「このコンピューターのハードウェアで動作するように Windowsを構成できませんでした」

このメッセージが出たらリカバリは諦めましょう。
大人しくAFTではないハードディスクを購入するのが、一番の早道だと思いました。

すぐに希少な非AFTハードディスクを発注。チャチャっと交換して作業完了!

20130416_VPCEA2AFJ_03

今回のご依頼で、AFTと非AFTについてかなり情報を得ることができました。為になる依頼でした。
ご利用ありがとうございました。

非AFTのハードディスク、いくつかストックしておかないと。