ポータブルハードディスク HDPV-UT1.0Gのデータ復旧

ドライブが見えなくなったー!

というわけでご来店いただきました。
お電話の感じから、スーツをビシっと決めた会社員かな?と勝手に想像していたら、お会いしてびっくり(笑)、とってもファンキーなお客様です。いい味出してます。

Macでご利用だったということですが、データ復旧にはそこんところはあまり関係ないんですよね、たぶん。ええ、たぶんです。世の中分からないことだらけなので、私の話には「たぶん」が多く出てきます。直さないといけないところですね。お客様を不安にしかねません(笑)

さて、お預かりしたのはこちら。

20130328_HDPV-UT1.0G_01


アイオーデータのHDPV-UT1.0G。さすがMacでご使用中というだけあって、デザインがなかなかスタイリッシュです。オシャレです。当店の作業スペースには似つかわしくないです(笑)

とりあえずWindowsマシンにつなげてみますが、ドライブとしての表示はなし。しかし管理ツールではしっかりと機器自身を認識しています。

これだったらいけるかも、ということでデータ救出開始。6時間ほどで作業用HDDに吸出し完了。それを作業用マシンにつないでみると・・・

ドライブは表示されたけど、ファイル構成が一切見えず。あ~、こりゃMFTがいかれてんだなぁ~と。1箇所不良セクタがあったのが、見事MFTのところにストライクしちゃったみたいで。

どうしたもんかなーとLinuxで読み込んでみると、あら不思議。あっさり中身が丸見えパラダイス。

20130328_HDPV-UT1.0G_02

データ復旧といえばknoppix。伊達じゃないです。

あとはそのままデータを新規購入のポータブルHDDにコピーするだけなのですが、これが結構な手間で。読み取り専用ファイルになってるだの、ファイル名が無効だのって、えらい手間取りました。。。

まあそのへんの苦労話は置いといて・・・

お客様にご確認いただきデータ復旧オッケー!
ご利用ありがとうございました。