BUFFALO LS-X1.0TLからのデータ取り出し~広島市佐伯区海老山町

ネットワークHDDにアクセスできなくなった。データ復旧をしてほしい

というご依頼をいただきました。
業務データが入っているということで、事態は急を要するとのこと。確実に取り出せるかどうかは分かりませんとお伝えしましたが、それでも依頼したいということで、お電話頂いた1時間後には佐伯区からお持ち込みいただきました。

この焦り様からも、確実にやってくれよ、とプレッシャーを感じます・・・。やるしかないです。腹を括って作業開始。

20121204_LS-X1.0TL_01

まずは現状の確認。LANケーブルを挿して作業用PCからアクセスを試みるもネットワークHDDが見つからず。お客様のところと同じ症状です。これを認識できるようにしたら話は早い気がしますが、この状態では打つ手が閃きません。時間もないので、ひとまずデータを取り出すことを優先することに。

この機種、USB接続ができません。なので、正攻法、中を開いた上で作業用PCにUSB接続することにします。ツメを割ってしまわないように用心しながらケースを開いていくと・・・

20121204_LS-X1.0TL_02

じゃじゃーん!と内蔵用3.5インチHDDが出てくるわけです。ここまでは、ほとんど前置きにすぎません。こっからなんですよね。ハードディスクが見えないことになっているなら、復元作業でファイルを回収するしかありませんから。そして、その復元作業でどこまでのファイルを回収できるのか。これからがまさに正念場。

作業用PCに取り出したHDDをUSB接続してみると・・・あれ!?本当にハードディスクが表示されない。。管理ツール→コンピュータの管理→ディスクの管理を確認すると、しっかりディスクは認識されています。そしてGPT保護パーティション。あっ・・・、作業用PCはXPなのでGPT保護パーティションのハードディスクは読めないんでした。焦ったなぁ(笑)

というわけで、Linuxから取り出したHDDを読み込んでみます。すると、ばっちりパーティションを認識。そして中のデータ全部まる見え。わお! まさかの復元いらず。データ容量もお客様がおっしゃっていた数値とほぼ同じ。データ自体は消えてないと判断して、すぐさまお客様にご報告。安心していただき、この日は一旦終了。

翌朝一番から作業のつづき。お客様に、データの保存先となるポータブルHDDを持参いただき、それにデータを移していきます。USBからUSBへのデータ転送、しかも10G以上の細かい無数のファイル群なので、時間がえらく掛かります。おかげでお客様を長時間お待たせしてしまうことに。。。う~ん、これには私もやられてしまいました。申し訳ございませんでした。

最後がスマートにいきませんでしたが、やっとこさでデータ取り出し完了。ネットワークHDDもちゃんと元に戻しお客様にお引渡し、作業完了となりました。ご利用ありがとうございました。